ZFの電動パワートレイン、燃料電池バスに初めて搭載

ZFの電動パワートレインを搭載する燃料電池バス
ZFは1月15日、同社の電動パワートレインが燃料電池バスに初めて搭載された、と発表した。

この電動パワートレインは、ZFが開発した「AxTrax AVE」と呼ばれる電気式ポータルアクスルだ。電気駆動軸は、ハイブリッドや燃料電池と組み合わせることも可能で、バッテリーによって、電力を供給することもできる。

ZFのAxTrax AVEは、フラットなデザインが特徴だ。これによりバスメーカーは、バスの車内のデザインの設計の自由度が増すという。また、ZFはシステムサプライヤーとして適切なハードウェアとソフトウェアを提供することで、駆動系システムのパフォーマンス、効率、およびサービスライフサイクルを最適化している。

ZFによると、AxTrax AVEは、英国のバスメーカー、ADL社の二階建ての燃料電池バスに搭載された。すでにこの二階建ての燃料電池バスは走行テストを開始しており、ZFは、テストでも高い効率で作動した、としている。

(レスポンス 森脇稔)

[提供元:レスポンス]レスポンス