ロールスロイス ゴースト 次期型を激写!ボディスタイルに大きな変化

ロールスロイス ゴースト 次期型スクープ写真
ロールスロイスの高級4ドアサルーン『ゴースト』次期型プロトタイプを、スクープサイトSpyder7のカメラが初めて捉えた。

ゴーストは2009年のジュネーブモーターショーで『200EX』として初公開。その年のフランクフルトモーターショーでは、ゴーストとしてワールドプレミアされている。その後2014年には、約5年ぶりにマイナーチェンジが行われ、「シリーズII」へと進化し、ヘッドライトやグリルがリフレッシュされた。日本では2014年10月から販売されているモデルだ。そして登場から10年たった2019年、いよいよ第2世代へバトンタッチされる。

BMWのカートランスポーターに積まれた車両からは、大きな変化が見てとれる。現行モデルより寝かされたAピラー、フロントエンドでは全く新しいボンネットの形状、グリルの位置が高くなり、より薄型のヘッドライトの一部が確認できる。最新の『ファントム』のようなシンプルなデザインが採用されるかもしれない。

後部へ目をやると、ルーフエンドからトランクリッドまで滑らかに、丸みを帯びたボディシルエットとなっており、空力性能が向上されると見てよさそうだ。

次期型には、ファントムやSUVの『カリナン』と共有する軽量アルミ製「アーキテクチャ・オブ・ラグジュアリー」プラットフォームを採用し、パワートレインは、6.75リットルV型12気筒ツインターボが予想されている。

ワールドプレミアは、2020年内に行われる可能性が高いだろう。



(レスポンス 子俣有司@Spyder7)

[提供元:レスポンス]レスポンス