日産、世界生産・販売ともに9年ぶりのマイナス 2018年

日産車体九州工場(参考画像)
日産自動車は1月30日、2018年暦年(1~12月)の生産・国内販売・輸出実績(速報)を発表。グローバル生産台数は前年比4.9%減の548万6906台となり、9年ぶりのマイナスとなった。

国内生産は同8.7%減の93万0997台、3年ぶりに前年実績を下回った。海外生産も同4.1%減の455万5909台で9年ぶりのマイナス。中国が同3.4%増の155万8015台で過去最高を記録したものの、米国やメキシコ、英国などが大きく数字を落とした。

グローバル販売台数も同2.8%減の565万3683台と9年ぶりのマイナスだった。国内販売は同4.2%増の61万5966台。うち軽自動車は同24.0%増の18万9703台、登録車は同4.4%増の42万6263台だった。海外販売は同3.6%減の503万7717台と9年ぶりに前年実績を下回った。

輸出は同19.6%減の50万4168台と、4年ぶりに前年実績を下回った。

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

[提供元:レスポンス]レスポンス