DeNA、今春から京阪神地区でタクシー配車サービスを開始

タクシー (AC)
DeNAは1月30日、国際興業大阪とDeNAが提供しているタクシー配車アプリ「MOV(モブ)」で協業することで合意したと発表した。

DeNAは2019年春から京阪神エリアでタクシー配車アプリのサービスを展開する大阪府での協業事業者が決定した。

DeNAではタクシー配車アプリについて神奈川県内でサービスを開始、2018年12月から東京23区でもサービスをスタートしている。直近の月間実車回数が13万回を突破するなど、利用は好調に推移している。

国際興業大阪が培ってきたタクシー運行管理ノウハウと、DeNAの乗客用・乗務員用端末に関わるアプリケーションの開発・運用技術、AI探客ナビ(仮称)などを融合、大阪府でも完成度の高いタクシー配車サービスを構築する。

DeNAは今後、京阪神エリアで協業事業者をさらに増やして展開する予定。各地のタクシー事業者と連携し、都市圏を中心に順次、全国各地へと拡大していく予定。

(レスポンス レスポンス編集部)

[提供元:レスポンス]レスポンス