マツダ CX-8、国内3列シートSUV販売台数トップを獲得 2018年

マツダ CX-8 XD Lパッケージ
マツダのクロスオーバーSUV『CX-8』が、国内3列シートSUV市場における2018年販売台数第1位(3万0679台)を獲得した。

CX-8は、すべてのシートに大人がしっかり座れるマツダ国内最上位の3列シートSUV。上質かつ洗練されたデザイン、街乗りから高速走行までドライバーの意図通りに走り、すべての乗員が安心して移動時間を楽しめる快適性・静粛性を兼ね備えている。

2017年12月にCX-8を導入して以降、国内3列シートSUV市場は拡大。2018年の販売台数は2017年比で180%を超える成長を遂げているが、その中でもCX-8は約50%の割合を占める、セグメントをリードするモデルとなっている。

幅広い世代のユーザーから、「多人数乗車を可能としながら、かっこよさを感じる」「乗り心地のよさや静粛性は想像以上」「3列目は座り心地も広さも十分」といった評価を得ており、月間販売計画台数1200台を超える好調な販売を続けている。

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

[提供元:レスポンス]レスポンス