ポルシェ、初のEVスポーツカーの生産準備…本社工場で1500名を新規雇用へ

ポルシェ・タイカンの最新プロトタイプ
ポルシェ(Porsche)は2月1日、初のEVスポーツカーの生産に向けた準備として、ドイツ・ツッフェンハウゼンの本社工場で1500名を新規に雇用すると発表した。

ポルシェ初のEVスポーツカーが、『タイカン』だ。タイカンは2019年に欧州で発売される予定。タイカンの導入により、ポルシェはツッフェンハウゼン本社工場で、1200名の新たな雇用を創出する。

このタイカンの派生モデルとなるのが、コンセプトカーの『ミッションEクロスツーリスモ』の市販バージョンだ。ミッションEクロスツーリスモは、4ドアのクロスツーリスモ。800Vのシステムを搭載し、急速充電ネットワークに接続できる。モーターの最大出力は600psで、航続は500km(NEDC)に到達する。ポルシェは、ミッションEクロスツーリスモの市販バージョンの生産により、ツッフェンハウゼン本社工場で300名の新たな雇用を創出する計画だ。

ポルシェの従業員は年々増加しており、2018年は初めて、全世界で3万人を突破し、3万2325名となった。ポルシェは2022年までに、エレクトロモビリティに60億ユーロ以上の投資を予定している。

(レスポンス 森脇稔)

[提供元:レスポンス]レスポンス