マツダ ロードスター 30周年記念車、米国向け500台は4時間で完売

マツダ MX-5(ロードスター) 30周年記念車(シカゴモーターショー2019)
マツダ(Mazda)の米国部門、北米マツダは2月9日、『MX‐5ミアータ』(日本名:『ロードスター』)の「30周年記念車」の米国割り当て分500台の完売を公式に発表した。

北米マツダによると、ロードスターの30周年記念車は、2月7日(日本時間2月8日)のシカゴモーターショー2019での発表と同時に予約受注の受付を開始してから、4時間以内に完売したという。中でも、最初の100台に予約受注が到達するまでには、15分かからなかったという。

なお、米国割り当て分500台の予約受注の内訳は、ソフトトップが60%、ハードトップの「RF」が40%。米国ベース価格は3万4995ドル(約385万円)で、納車は2019年夏から開始される予定だ。

北米マツダは2015年、ロードスターの25周年記念車を限定発売した。この時は最初の100台の予約枠が、受付開始から10分以内に埋まっている。

(レスポンス 森脇稔)

[提供元:レスポンス]レスポンス