メルセデスベンツ初の市販EV、『EQC』が最終テスト…2019年半ばに発売へ

メルセデスベンツ EQC の最終テスト
メルセデスベンツは2月22日、2019年の半ばに欧州での発売を予定しているメルセデスベンツブランド初の市販EV、『EQC』(Mercedes-Benz EQC)の最終テストをスウェーデンで行った、と発表した。

「EQ」は、メルセデスベンツが立ち上げた電動車に特化したサブブランド。EQブランドの最初の市販車となるEVが、SUVのEQCだ。EQCは電動SUVで、ボディサイズは全長4761mm、全幅1884mm、全高1624mm、ホイールベース2873mmとなる。

EQCには、メルセデスベンツが新開発した電動パワートレインを搭載する。モーターは前後に2個搭載し、4輪を駆動する4WD。2個のモーターは、合計で最大出力408hp、最大トルク78kgmを引き出す。前後アクスル間で走行状況に応じて、トルク配分を行う。動力性能は、0~100km/h加速5.1秒、最高速180km/h(リミッター作動)。

バッテリーはリチウムイオンで、蓄電容量は80kWhと大容量。重量は650kgで、車体中央の低い場所にレイアウトされる。1回の充電での航続は、欧州の計測モードで450km以上。急速充電は、欧州や米国ではコンボ方式、日本や中国ではチャデモ方式に対応。バッテリーの80%の容量なら、充電はおよそ40分で完了する。

メルセデスベンツは、このEQCの最終テストを2019年半ばに欧州での発売に備えて、スウェーデンで行った。最終テストでは、気温マイナス35度の環境下において、バッテリーの熱管理、寒冷時の充電や安全性、氷と雪上でのトラクション性能などに、とくに注意を払った、としている。

(レスポンス 森脇稔)

[提供元:レスポンス]レスポンス