メルセデスベンツ Sクラス、V12搭載車の生産終了へ…最終モデルをジュネーブモーターショー2019で発表予定

現行メルセデスAMG S65
メルセデスベンツは、3月にスイスで開催されるジュネーブモーターショー2019において、『Sクラス』のV型12気筒エンジン搭載最終モデル、メルセデスAMG『S65ファイナルエディション』(Mercedes AMG S 65 Final Edition)を初公開すると発表した。

メルセデスベンツSクラスのV型12気筒エンジン搭載車には、長い歴史がある。しかし、V型12気筒エンジン搭載車については、世界的なダウンサイズトレンドもあり、今回の最終限定車をもって生産を終了。今後のSクラスのAMGは、V型8気筒エンジン搭載のメルセデスAMG『S63』の販売を継続していく。

なお、「ファイナルエディション」の詳細は公表されていないが、内外装を中心に、専用装備が採用される見通し。

パワートレインは、6.0リットルV型12気筒ガソリンツインターボエンジン。最大出力630hp/4800~5400rpm、最大トルク102kgm/2300~4300rpmを発生する。0~100km/h加速4.3秒、最高速250km/h(リミッター作動)の性能を備えている。

(レスポンス 森脇稔)

[提供元:レスポンス]レスポンス