【モースポフェス鈴鹿】2輪4輪ファンが楽しめたモースポフェス

モースポフェス2019鈴鹿 グリッドウォーク・GPスクエア
3月2~3日に鈴鹿サーキットで行われたモースポフェス2019鈴鹿。今までのファン感謝デーからその様相を変えて、ホンダ・トヨタ・鈴鹿サーキットの3社主催によるイベントへと様変わりした。ホンダ・トヨタにとらわれないイベントとして2輪4輪ファンが楽しめた。

数多くの走行コンテンツやGPスクエアでの展示やデモイベントは、2輪4輪ファンの多くが楽しめるイベントとなった今回のモースポフェス。

グリッドウォークで4輪がF1、WEC、WRC、SUPER GT、SUPER FORMULA、ニュルブルクリンク参戦車、ダカールラリー、2輪ではMoto GP、EWC耐久仕様、鈴鹿8耐仕様と様々なジャンルのマシンが勢ぞろい。普段見ないカテゴリーのマシンが並び、ドライバー・ライダーアピアランスは長蛇の列ができるほどだった。

GPスクエアでは4輪メーカー、2輪メーカー、物販、飲食、アフターパーツメーカーのテントが並び、活気を見せていた。

ひときわ目立つのはGPスクエアに設置されたトヨタ・ホンダの合同テント、F1やWECはもちろん、両メーカーのスポーツカーの代名詞、ホンダ『NSX』とトヨタ『スープラ』が並んで展示されるなど今回のイベントに対する思いが伝わってくるほどだ。

また、GPスクエアのデモラン会場では、ダカールラリー参戦車と、ホンダ・ヤマハのトライアルバイクのコラボレーションが行われるなど、ジャンルを超えた展示も行われ、多くのファンがそのデモランや展示を見ていた。

(レスポンス 雪岡直樹)

[提供元:レスポンス]レスポンス