アウディの電動SUV『e-tron』、クーペ派生へ…ジュネーブモーターショー2019

アウディ e-tron スポーツバックのプロトタイプ(ジュネーブモーターショー2019)
アウディは3月5日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー2019において、『e-tron スポーツバック』(Audi e-tron Sportback)のプロトタイプを初公開した。

アウディはブランドの初の市販EVとして、アウディ『e-tron』を発表済み。e-tronスポーツバックは、このe-tronから派生するモデルとなり、2019年の後半に市販バージョンの発表を予定している。

『A7スポーツバック』や『A5スポーツバック』同様、e-tronスポーツバックは、なだらかに傾斜したルーフを備えているのが特徴だ。SUVクーペといえるデザインを持つ。

e-tron スポーツバックには、アウディのモジュラー・ロンジチューディナル・プラットフォームのコンポーネントを使用する。このコンポーネントと、主に駆動システム分野における革新的な技術の数々によって、電動4WDの「クワトロ」を備えた電動SUVの独立した製品ファミリーを生み出すことに成功した。

e-tron スポーツバックは、最大で150kWの出力での急速充電が可能だ。また、長距離ドライブに対応する航続によって、日常ユースへの対応が図られる、としている。

(レスポンス 森脇稔)

[提供元:レスポンス]レスポンス