三菱 エンゲルベルクツアラー は上級プラグインSUVの未来…ジュネーブモーターショー2019[詳細画像]

三菱 エンゲルベルクツアラー(ジュネーブモーターショー2019)
三菱『エンゲルベルクツアラー』のデザインは、リゾート地が似合う上質かつ機能的なオールラウンドクロスオーバーSUVがテーマだ。あらゆる道を走破できる力強さや頼もしさを表現する。フォグランプ付きの自動開閉式ルーフボックスや、前後バンパーにアンダーガードを装備する。

ボディカラーは、光の当たり方により青く輝くシルバーを採用。また、給電時や充電時には、フロントの「ダイナミックシールド」のメッキ部を柔らかく点灯させることで、PHEVならではの特徴を表現した。

PHEVシステムのエンジンは、2.4リットルのPHEV専用ガソリンエンジンを搭載。大容量の駆動用バッテリーは、車両中央フロア下に配置した。高出力かつ高効率モーターをフロントとリアに搭載したツインモーター方式でありながら、広い室内空間を確保し、3列シートを装備している。

EVモードの航続は70km以上(WLTP)。満充電・燃料満タンの状態からの総航続距離は、700km以上(WLTP)とした。

4WDシステムは、前後にモーターを搭載する高出力かつ高効率のツインモーター方式のフルタイム4WD。『ランサーエボリューション』で培ったノウハウを活かして、前輪左右の駆動力配分を制御するヨーコントロール(AYC)を採用する。これらと四輪のブレーキ制動力、前後モーター出力の制御(ABS&ASC)を統合制御する車両運動統合制御システム、「S-AWC」(スーパー・オール・ホイール・コントロール)を採用する。

(レスポンス ショーカーライブラリー)

[提供元:レスポンス]レスポンス