体験型イベント、高齢者の事故撲滅へ「交通安全。アクション」 4月6-7日

2018年のオープニング
日本自動車会議所は、交通安全の大切さやルールを楽しく学べる体験型交通安全啓発イベント「交通安全。アクション2019 新宿」を4月6日・7日、新宿駅西口広場イベントコーナーにて開催する。

「交通安全。アクション」は、自動車関連業界が連携する交通安全イベントとして2000年より開催。昨年は春の全国交通安全運動期間中に、多くの人々が訪れるターミナル駅「新宿」で、秋には家族連れで賑わう東京・お台場で開催し、多くの来場者で賑わった。

昨年の交通事故死者数は3532人で、1948年の統計開始以降で最少となった昨年をさらに下回るなど、減少傾向にある。しかし、全死者数のうち高齢者の占める割合は55.7%に達し、増加基調。高齢者の交通事故対策は社会的な課題ともなっており、今回のアクション2019 新宿では、高齢者への訴求を意識したプログラムも多数企画して開催する。

イベントは、内閣府、国土交通省、警察庁、警視庁交通部、東京都が後援し、日本自動車会議所の会員団体はじめ開催の趣旨に賛同する47の団体・企業などが参画する。開催目的・テーマは、「高齢者や家族を対象に体験を通じて交通社会のルールや安全行動の大切さを啓発する」。体験型ブースやステージショーなどを体験することで、交通安全の大切さやルールを楽しく学ぶことができる。また、各ブースをまわってスタンプを5個以上集めた参加者に、協力団体・企業のノベルティー・グッズなどの景品をプレゼントする「スタンプラリー」も実施。このほか、飲酒運転根絶を訴えるパネルも掲出し、交通安全の大切さを訴える。

開催時間は6日が12時から17時、7日が11時から16時。入場・参加は無料。

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

[提供元:レスポンス]レスポンス