ポルシェ初のEVスポーツカー、『タイカン』…イメージスケッチ

ポルシェ・タイカン のイメージスケッチ
ポルシェは3月14日、9月にワールドプレミアを予定しているポルシェ初の量産EVスポーツカー、『タイカン』(Porsche Taycan)の市販モデルのイメージスケッチを公開した。

タイカンは、4ドアのEVスポーツカーだ。パワートレインには、最大出力600ps以上の永久磁石シンクロナスモーター(PSM)を2基搭載する。0~100km/h加速は3.5秒以下で駆け抜け、0~200km/h加速も12秒以下の性能を発揮する。

また、このパフォーマンスに、EVでは前例のない連続的な出力レベルも付加したことにより、性能を損なうことなく幾度ものジャンプスタートを連続して行うことができる。1回の充電での航続は、500km以上に到達する。また、最新の急速充電システムに対応しており、ポルシェによると、わずか4分間の充電で100kmの走行が可能という。

ポルシェは今回、公式サイトを通じて、タイカンの市販モデルのイメージスケッチを公開した。公開されたスケッチは、前後各1点ずつだ。コンセプトカーの『ミッションE』とは異なる市販バージョンのデザインが見て取れる。

(レスポンス 森脇稔)

[提供元:レスポンス]レスポンス