山本光学×山野哲也、ドライバー向けレンズを共同開発 予測と認知を促す

山野哲也氏製品テスト中の様子
山本光学は、レーシングドライバー山野哲也氏と共同開発した「ULTRA LENS For DRIVING」シリーズを3月18日より発売した。

ULTRA LENS For DRIVINGは、ドライバーに必要な情報を伝えるとともに、不快な光をカットして快適な運転環境を提供する新レンズ。単に視界を暗くして眩しさを抑える従来のサングラスでは、眼に入る情報量は全体的に落ちてしまう。山本光学では、山野氏とともに「安全な運転のために見るべきポイント(情報)とは何か」「必要な情報をどのようにドライバーに伝えるのが良いのか」とテストを繰り返し、共同でレンズを開発した。

新レンズは注意喚起色である黄・赤を強調し、安全運転のための予測や認知を促す。また偏光機能により路面の照り返しを抑えることで、白線やオレンジ線を強調。車線の中での自車位置把握がしやすくなり、レ一ンキープの容易さにもつながる。これらの効果を持ちながら、トンネル内でも暗すぎない明るさを実現している。

新レンズは2019年SWANSグラスラインアップ内の合計10アイテムで展開。価格は1万1880円から1万7280円。

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

[提供元:レスポンス]レスポンス