ルノー「E-Tech」第2弾は キャプチャー か…PHEVモデルをスクープ

ルノー キャプチャー 次期型 PHEV スクープ写真
ルノーは、ジュネーブモーターショー2019にて『クリオ』新型を発表したが、そのクロスオーバー版にあたる『キャプチャー』次期型をカメラが捉えた。

注目は、左右のリアフェンダー上部にみられる差込口だ。これまでのプロトタイプでは見られず、この車両がPHEVモデルであるということがわかる。1.6リットルガソリンエンジンと組み合わされる、ルノーグループが開発した「E-Tech」ハイブリッド技術を搭載しているとみられ、同ブランドではクリオ新型に続いての採用となる。

キャプチャーでは、クリオより大容量の9.8kWhバッテリーを搭載し、電気走行は25~30マイル(40~48km)が予想されている。

その他、ルノー・日産・ダイムラーの共同開発による1.0リットル直列3気筒、及び1.3リットル直列4気筒のターボチャージャーガソリン/ディーゼルエンジンなどのラインアップが予想される。マイルドハイブリッドディーゼルも設定され、電動化が強化されるだろう。

次期型のアーキテクチャには、クリオに続いてルノー日産三菱アライアンスが開発した「CMF-B」プラットフォームが採用され、ホイールベースの延長や、Cピラー以降が刷新されるだろう。キャビン内では、最新のコネクティビティ技術である、「スマートコクピット」を採用し、ダッシュボードのセンターには、9.3インチ縦型インフォテインメント・タッチスクリーンが搭載される。また安全技術では、日産の「プロパイロット」の搭載も噂されている。

ワールドプレミアは、2019年9月のフランクフルトモーターショーが有力だ。



(レスポンス Spyder7編集部)

[提供元:レスポンス]レスポンス