アウディのEV「e-tron」に隠し玉続々…550馬力の高性能モデルか

アウディ e-tron 派生モデル スクープ写真
アウディは、2018年10月のパリモーターショーで、ブランド初となるEV『e-tron』を初公開。このモデルには『スポーツバック』の他にオフロードタイプの『オールロード』と、高性能スポーツの2つの派生モデルを設定する可能性が高いことがわかった。

同ブランドのラグジュアリーモデルと同等のスペースと、快適性を備えた電動SUVである「e-tron」は、2019年1月に予約受注が2万台を超えるヒットとなっている。

駆動方式は、電動4WDの「クワトロ」で、95kWh大容量リチウムイオンバッテリーを搭載。2個のモーターにより、最高出力306psを発揮するが、ブーストモードによりアクセルをフルに踏み込んだ際、最大8秒間パワーアップが可能で、最高出力は408psを発揮する。

今回捉えた開発車両はテストミュールのため、ベースモデルとほとんど区別がつかない状態だ。唯一のヒントはリアタイヤがノーマルより幅が広いことだ。高性能スポーツモデルの可能性があるようで、最高出力は500psから550psまで高められるという。

派生モデルとしては、2019年内あるいは2020年初頭に「スポーツバック」が最初に公開されると見られており、「オールロード」やスポーツモデルの登場は2020年内、あるいは2021年になるだろう。



(レスポンス Spyder7編集部)

[提供元:レスポンス]レスポンス