KTM 790アドベンチャー および アドベンチャーR を日本初披露…東京モーターサイクルショー2019

KTM 790アドベンチャー および アドベンチャーR を日本初披露…東京モーターサイクルショー2019
KTMは2019年3月22日から24日の3日間、東京ビックサイトで開催されている「第46回東京モーターサイクルショー」(東京モーターサイクルショー2019)で、790アドベンチャー及び790アドベンチャーRを展示。

このモデルは、昨年のミラノモーターサイクルショー(EICMA 2018)で発表されたばかりの日本初公開モデルだ。

790アドベンチャーは、799ccのパラレルツインエンジンを搭載。低重心化を図るために、ガソリンタンクを下部に搭載した独特のスタイルは、高い走行安定性を実現している。また、タンク容量は20Lで、約450kmの航続距離を実現。様々な状況下において高い走破性を誇るだけでなく、ロングツーリングにおいても快適な走りを楽しめる1台だ。

さらに、これまでシート高86cm前後と、高めに設定されていたアドベンチャーシリーズの足つきが見直され、同モデルは83cm/85cmとシート高が調整可能。より幅広いユーザーが楽しめるモデルに進化を遂げた。

そしてアドベンチャーRは、よりオフロード性能が強化されたモデルとなっており、前後にはオフロード向けのブロックタイヤを装着。オフロードモードやラリーモードなど走行環境によっての電子制御の切り替えが可能となっており、ツーリングから林道、オフロードなど、どんなシュチュエ―ションでも楽しめる1台に仕上がっている。

そんな注目の2台以外にも、690SMC R、690 ENDURO R、1290 SUPER DUKE GT、450S-XF HERLINGS REPLICAなど、合計6台の日本初公開モデルを含む2019年モデルをフルラインナップで展示。ブース内の展示車両にはまたがる事も可能なので、いち早く最新モデルを体感するチャンスだ。

(レスポンス 先川知香)

[提供元:レスポンス]レスポンス