極東開発など3社、計量装置搭載の「スケールダンプ」開発 定積載での安全運行をサポート

スケールダンプ
極東開発工業、大煌工業、大林道路の3社は3月25日、ダンプトラックのボデーに計量装置を搭載して積載重量を表示できる「スケールダンプ」を開発し、トライアル運行を行うと発表した。

近年、安全指向やコンプライアンス重視の観点から過積載防止の活動や取締りがより一層強化される傾向にある。新製品は、ボデー下の前側に1点、後側に2点の計3点のロードセル(計量装置)を搭載し、積載物の重量を計測。ロードカッターによる積み込み作業等の低速走行時(5~8km/h)でも計測できる。

ロードセルで計測された積載物の重量はボデー上の外部表示計とキャブ内表示計(1DIN)にデジタル表示。過積載の防止を図り、車両の定積載での安全運行をサポートする。

スケールダンプは、新車のほか、既存の車両にも後付け可能。今後はトライアル運行を通じて製品のブラッシュアップを行い、2019 年夏頃の市場投入を目指す。

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

[提供元:レスポンス]レスポンス