欧州委員会、先進運転支援システムの義務化で暫定合意…2022年からの施行目指す

コンチネンタルの先進運転支援システムのイメージ
欧州委員会(EC)は3月26日、欧州全域において、自動車への先進運転支援システム(ADAS)の装着を義務づけることで暫定的に合意した、と発表した。2022年からの施行を目指す。

今回の暫定合意では、乗用車、商用車、トラック、バスに、運転中の眠気や注意散漫の警告システム(運転中のスマートフォンの使用を含む)、インテリジェントなスピードアシスト、カメラやセンサーによる後方確認装置、事故発生時のデータを記録する「ブラックボックス」の装着を義務づける。

これに加えて、乗用車と商用車では、車線維持支援システム、緊急時の自動ブレーキ、衝突安全性を高めたシートベルトを義務化する。

また、トラックとバスでは、死角をなくすシステムや、交差点などでの歩行者や自転車の巻き込み事故を防ぐ警告システムの装着を義務づける。

この暫定合意は今後、議会などで正式な承認を受けることが必要だ。欧州委員会では、2022年からの施行を目指している。

(レスポンス 森脇稔)

[提供元:レスポンス]レスポンス