トヨタ紡織、テレワーク制度を導入…自宅や出張先でも勤務可能に

トヨタ紡織のWebサイト
トヨタ紡織は、働き方改革の一環として、2019年4月よりフレックスタイム・裁量労働制度適用者を対象に「テレワーク制度」を導入すると発表した。

テレワーク制度は、社員が会社から貸与されたパソコンを使い、自宅や出張先など所属する勤務先以外でも勤務を認めるもの。社員の多様な働き方のニーズに応えてワークライフバランスの実現を図るとともに、移動時間の削減など業務効率の向上を目指す。            

同社では、これまでも多様な人材がいきいきと働き、個人の能力を最大限発揮できるように「いきいき働き方改革」に取り組んでいる。製造現場では工場内の環境整備、育児をする社員が働きやすいラインの導入などを行うほか、オフィス部門でもフレックスタイムのコアレス化など柔軟なワークルールの導入やオフィス・IT環境の整備などを進めている。

(レスポンス 丹羽圭@DAYS)

[提供元:レスポンス]レスポンス