新車登録台数、0.1%減の333万6590台で2年連続マイナス 2018年度

トヨタ・プリウス
日本自動車販売協会連合会は、2018年度(2018年4月~2019年3月)の新車販売台数(軽を除く)を発表。前年比0.1%減の333万6590台と微減ながら2年連続のマイナスとなった。

車種別では、乗用車が同0.6%減の287万7741台。このうち、普通乗用車が同2.1%増の158万0001台、小型乗用車が同3.8%減の129万7740台だった。

貨物車は同4.1%増の44万5210台。このうち、普通貨物車が同5.2%増の18万2068台、小型貨物車が同3.4%増の26万3142台だった。

バスは同8.8%減の1万3639台だった。

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

[提供元:レスポンス]レスポンス