豊田合成、電動車や自動運転の技術を紹介予定…上海モーターショー2019

豊田合成のブースイメージ
豊田合成は、4月16日から25日まで中国の上海市で開催される「第18回上海モーターショー」に出展すると発表した。

中国で関心の高いEV(電気自動車)などの電動車や自動運転に関連した製品を紹介するとともに、安心・安全・快適に貢献する各種自動車部品を出品する。

今回出品する「次世代フロントモジュール(コンセプトモデル)」は、ラジエータグリルなどの外装部品に、自動運転を支えるカメラやライダなどの周辺感知システムを融合し、魅力的なデザインと安全機能を両立するとともに、運転状態をLEDで周囲に知らせる外装コミュニケーションランプも搭載する。

また、自動運転時にリラックスできる室内空間を創出しており、HMI機能を備えたインストルメントパネルやコンソールボックスを搭載しているほか、次世代ステアリングホイールでは、カメラやセンサでドライバーの状態を検知する機能を備えた「次世代コックピットモジュール(コンセプトモデル)」も紹介する。

電動車関連では、樹脂製の冷水パイプを用いて電池やモーターを冷却する「EV冷却システムモック(コンセプトモデル)」を提案。樹脂化によってクルマの軽量化にも貢献する製品。

「樹脂製バッテリーケース」は、電池寿命を高める冷却機能と安全性を確保する絶縁機能を備えた樹脂製ケースで、中国でトヨタ自動車の中国合弁会社が発売した「カローラ/レビン」のPHVに採用されている。

(レスポンス レスポンス編集部)

[提供元:レスポンス]レスポンス