ボッシュ、建設車両向けデジタルソリューション発表へ…待機時間を減らして効率的に運用

ボッシュの建設車両向けデジタルソリューション
ボッシュ(Bosch)は4月4日、ドイツ・ミュンヘンで4月8日に開幕する「バウマ2019」(国際建設機械・建設資材製造機械・建設用車両専門見本市)において、建設車両向けのデジタルソリューションを初公開すると発表した。

ボッシュは、建設車両向けのデジタルソリューションとして、ボッシュ「TRACI」を開発した。TRACIは、ショベルカーやダンプトラックなどの車両を、効率良く運用するためのソリューションだ。

TRACIは、ショベルカーやダンプトラックに後付けで装着することが可能。車両の稼働状態をモニターする。TRACIは、センサーボックス、クラウドベースのソフトウェア、各種デジタルサービスで構成。これにより、車両の待機時間や輸送時間を最小限に抑えることが可能になる。

車両にはTRACIタグを装着する。これは、車両の位置、動作状態、およびその他の多くのデータを収集するコンパクトなセンサーボックスだ。データは暗号化され、LoRaWANネットワークを通じて、ボッシュのIoTクラウドに送信され、復号化される。

その後、顧客はセンサーデータにアクセスする。これをソフトウェアシステムに取り入れて、物流のスケジュールや運用計画を立てることが可能だ。データは、スマートフォンのアプリやパソコンで見ることもできる。

(レスポンス 森脇稔)

[提供元:レスポンス]レスポンス