世界最速の4ドアPHEVへ...ベントレー フライングスパー、充電中を激写!

充電中のベントレー フライングスパー 次期型PHEV (スクープ写真)
ベントレーのスポーツクーペ、『コンチネンタルGT』の4ドア版である『フライングスパー』次期型に設定されるプラグインハイブリッドモデル開発車両をカメラが捉えた。

初めて充電中を捉えたプロトタイプは、右側の給油口とは別に左リアクォーターパネルに充電口が見えるため、電動モデルであることは間違いない。「フライングスパー」は、1957年に2ドアクーペ『Sタイプ コンチネンタル』派生モデルとして誕生し、1966年まで製造された。その後2005年に復活し、世界最速の4ドアセダンとして人気を博しているが、電動化は初めてとなる。

内燃機関版の「フライングスパー」新型は、プラットフォームにパナメーラと共有する「MSB-F」プラットフォームを採用し、ホイールベースが延長される可能性が高い。パワートレインは、最高出力500psを発揮する4リットルV型8気筒ターボエンジや6リットルW12型エンジンがラインアップされると予想されている。

対してPHEV版のパワートレインは、ポルシェ『パナメーラ E-ハイブリッド』から流用される2.9リットルV型6気筒ターボチャージャー+電気モーターで、最高出力は462psを発揮する。またハイエンドモデルには、『パナメーラ Turbo S E-ハイブリッド』から移植される4リットルV型8気筒+電気モーターが搭載され、最高出力は680psを発揮。同ブランド最強PHEVであると共に、世界最速の4ドアPHEVの誕生を意味する。

コックピットは撮影されていないが、最新世代のインフォテインメントシステムを搭載、半自動運転機能など「パナメーラ」から多くの新しい技術が投入される予定だ。

ワールドプレミアの場は、2019年9月のフランクフルトモーターショーと予想されている。



(レスポンス Spyder7編集部)

[提供元:レスポンス]レスポンス