ボルボカーズの「動くアールデコ」、1935年の『PV36』出展へ…テクノクラシカ2019

1935年製ボルボPV36、ラーソン氏所有車
ボルボカーズは4月8日、ドイツで4月10日に開幕する世界最大規模のクラシックカーだけのモーターショー、「テクノクラシカ2019」に、同社の創業者がかつて所有していた1935年製のボルボ『PV36』(Volvo PV36)を出展すると発表した。

ボルボカーズは1935年、現在では「カリオカ」(Carioca)の名称で知られるPV36を発売した。1930年代に米国発のトレンドとなった流線型デザインを採用。リアホイールスパッツがついた全スチール製の非常に頑丈なボディが特長だった。PV36は、そのデザインから、「動くアールデコ」の異名を持つ。

フロントサスペンションには、ウィッシュボーンとコイルスプリングによる独立懸架式を採用。ボディは外観がモダンなだけでなく、安全性にも非常に優れており、何件かの重大事故でその安全性が実証されたという。

排気量3670ccの直列6気筒エンジンは、最大出力80hp/3300rpmを発生。トランスミッションは3速。最高速120km/hの性能を備えていた。PV36は1935~1938年にかけて、501台が生産されている。

テクノクラシカ2019に出展される1935年製のボルボPV36は、同社の創業者のひとり、グスタフ・ラーソン氏がかつて所有していた1台だ。ラーソン氏はPV36を3年間保有。同氏は再塗装などを認めなかったため、その後は事実上手つかずのまま、現在に至るという。

(レスポンス 森脇稔)

[提供元:レスポンス]レスポンス