コンチネンタル、デジタルタイヤ空気圧監視システムを発表…建設機械向け

コンチネンタルの建設機械向けデジタルタイヤ空気圧監視システム
コンチネンタル(Continental)は4月9日、ドイツ・ミュンヘンで開催中の「バウマ2019」(国際建設機械・建設資材製造機械・建設用車両専門見本市)において、建設機械向けのデジタルタイヤ空気圧監視システムを発表した。

このデジタルタイヤ空気圧監視システムは、「コンチプレッシャーチェック」と「コンチコネクト」で構成される。タイヤのインナーライナーに取り付けられたタイヤセンサーが、タイヤの温度や空気圧に関するデータをモニター。データを分析し、ユーザーに報告を行うことにより、車両効率の最適化に役立てる。

インテリジェントなタイヤセンサーは、常にタイヤの内側から温度と空気圧を測定し、ダッシュボードにデータを表示する。コンチプレッシャーチェックシステムは、タイヤセンサーが得たデータを表示し、タイヤの状態が危険になる前に警告する。24時間365日、複数の車両をモニターするために、システムをテレマティクスソリューションに組み込むことも可能だ。

また、ヤードリーダーステーションは、車両が建設現場の受信機の前を通過する時、タイヤセンサーからデータを読み取る。このデータを分析して、バックエンドに送信することも可能、としている。

(レスポンス 森脇稔)

[提供元:レスポンス]レスポンス