ポルシェジャパンとABB、急速充電器開発で業務提携 タイカン向けに2020年設置予定

ポルシェ・タイカン
ポルシェジャパンは4月12日、スイスに本社を置くABBグループの日本法人と日本国内におけるポルシェ電気自動車(EV)専用の急速充電器開発で業務提携すると発表した。

ABBは、CHAdeMOおよびCCSの充電規格協会の創設メンバーの一社であり、2010年に最初のDC急速充電器、2012年に最初の全国DC充電ネットワーク、2016年にヨーロッパで最初の電気バス(eバス)充電ネットワークを立ち上げたEVインフラのリーディングカンパニー。現在、73か国に1万0500台のABB製DC急速充電器が設置されている。

今回の提携により、ポルシェジャパンはABB製の急速充電器を全国のポルシェセンターと公共施設へ設置し、EV用の急速充電ネットワークを構築する。現在、ABBはCHAdeMO(500V、200 A、100kW)および欧米で主流となっているCCS(最大350kW)を含むすべての国際オープン規格をサポート。今回の提携にて、ABBとポルシェは、2020年半ばまでに150kWを超える急速充電を可能とする次世代のCHAdeMOを展開させるために協力して取り組んでいく。なお最初の設置は2020年半ばに予定されており、ポルシェ初のフル電動スポーツカー『タイカン』の充電に使用される。

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

[提供元:レスポンス]レスポンス