アウディ S4 改良新型プロトタイプを激写…ライバルを超えるか

アウディ S4 改良新型 スクープ写真
この数か月間で、アウディ『A4』ファミリーの改良新型プロトタイプが連続して目撃されている。「セダン」を筆頭に「アバント」「オールロード」、最強の『RS4アバント』とスクープに成功しているが、ベースモデルとRS4の間を埋める『S4アバント』の姿を初めてカメラが捉えた。

現行S4と比較すると、刷新されたヘッドライト、薄くワイドになったシングルフレームグリル、アグレッシブなコーナーエアインテークなどフロントエンドに変化が見られる。また後部では新グラフィックのテールライトやバンパー、クワッドエキゾーストパイプも見てとれる。

室内では、他A4ファミリーと同様に『A6』からインスパイアされた、ワイドなタッチ・デュアルスクリーンの搭載などが期待できそうだ。またドライバー・アシストなどの運転支援機能も最新バージョンへ一新される。

注目はパワートレインだ。現行モデルは3.0リットルV型6気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力は349ps、最大トルク500Nmを発揮する。これでも十分パワフルである。しかし、ライバルのBMW『M340i』は最高出力382ps、メルセデス『AMG C43』は385psを発揮するため、同レベルのパワーへ向上する可能性もある。尚、0-100km/h加速は4.5秒のパフォーマンスと予想されている。

ワールドプレミアは、2020年内になるだろう。



(レスポンス Spyder7編集部)

[提供元:レスポンス]レスポンス