マツダ、旧型ギア歯当り研磨設備の改良で科学技術分野の文部科学大臣表彰を受賞

マツダは4月18日、「平成31年度科学技術分野における文部科学大臣表彰」にて、技術者3名が「自社内製化による旧型ギア歯当り研磨設備の改良」で「創意工夫功労者賞」を受賞したと発表した。

創意工夫功労者賞は、優れた創意工夫により職域における技術の改善向上に貢献した者に与えられるもの。マツダからは主に生産現場における改善活動の成果などにより、平成27年以降5年連続の受賞となる。

今回受賞した、「自社内製化による旧型ギア歯当り研磨設備の改良」では、受賞した3名の技術者の創意工夫の積み重ねにより、旧型の研磨設備で、加工する部品を変更する度に必要なプーリー交換作業(段取り替え作業)において、設備の調整用部品交換を不要にし、調整作業を8分の1に低減するとともに、加工精度の向上に貢献したことが評価された。

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

[提供元:レスポンス]レスポンス