三井不動産、首都圏でMaaSの実証実験を実施へ…「ウィム」の運営会社と提携

MaaSプラットフォーム「ウィム」を展開するMaaS GlobalのWebサイト
三井不動産は4月24日、世界で初めて本格的なMaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス)プラットフォームを構築した「ウィム」を展開するMaaS Global(MG)に資本参加するとともに、協業することで合意したと発表した。

「ウィム」はあらゆる交通手段を組み合わせて最適な移動手段を提供するほか、公共交通、タクシー、レンタカー、カーシェア、自転車シェアなどの移動手段を網羅している。料金体系は世界初の交通サブスクリプションモデル(定額制)を導入している。

両社は2019年内に首都圏で交通事業者と連携したMaaSの実証実験を実施するとともに、サービス化に向けて今後の取り組みを加速させる。

MGは世界で最も先進的なMaaS企業で、ヘルシンキのほか、ベルギー、イギリス、シンガポールなどの都市でMaaS実用化に向けて現地の提携企業とともにサービス範囲を拡大している。三井不動産は、世界の知見を活かした日本での本格的なMaaS実用化に向けて資本参加を決定した。

MGは、三井不動産について「都市における社会実装の様々なフェーズでの可能性を探索できる良いパートナー」としている。

(レスポンス レスポンス編集部)

[提供元:レスポンス]レスポンス