日野自動車、増収増益…インドネシアなどで販売好調 通期決算

日野レンジャー(参考画像)
日野自動車は4月25日、2019年3月期(2018年4月~2019年3月)の連結決算を発表。アジアでの販売好調などにより、増収増益となった。

国内売上台数は大中型・小型トラック、バス総合計で前期比6.9%増の7万2200台、シェアは過去最高の33.8%を達成した。海外市場は主力のインドネシアを中心としたアジアでの販売台数の増加等により、同13.3%増の13万2000台。日野ブランド事業のトラック・バスの総売上台数は同10.9%増の20万4200台だった。また、トヨタ向け車両台数は、SUVや小型トラックの台数が増加した結果、総売上台数は同1.6%増の15万2700台となった。

これらにより、売上高は同7.8%増の1兆9813億円、営業利益は同7.9%増の867億円。経常利益は同4.3%増の839億円。純利益は同6.9%増の549億円となった。

今期の連結業績予想は、売上高1兆9600億円(1.1%減)、営業利益900億円(3.8%増)、経常利益870億円(3.7%増)、純利益560億円(2.0%増)とした。

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

[提供元:レスポンス]レスポンス