スズキ スイフトスポーツ に「カタナ」…オランダで限定30台

スズキ・スイフトスポーツ・カタナ
スズキの欧州部門は、『スイフトスポーツ』に「カタナ」(Suzuki Swift Sport Katana)を設定し、限定30台をオランダで発売した。

スズキ『カタナ』は、スズキの大型二輪車だ。鍛錬を重ねた日本刀のように、他にはない個性的かつ前衛的なデザインと最新技術の融合が、新型カタナの特徴になる。排気量999cmの水冷4サイクル直列4気筒ガソリンエンジンを搭載する。最大出力は150hp/10000rpm、最大トルクは11kgm/9500rpmを獲得している。

◆二輪車のカタナが持つ世界観を反映させたスイフトスポーツのトップモデル

スズキの欧州部門は今回、スイフトスポーツにカタナを設定し、限定30台をオランダで発売した。スイフトスポーツをベースに、二輪車のカタナが持つ世界観を反映させたスイフトスポーツのトップモデルに位置付けられる。

スイフトスポーツ・カタナのボディカラーには、2色が用意される。プレミアムシルバーメタリックと、スーパーブラックパールだ。各15台が販売される予定。フロントグリルの周囲には、赤いアクセントが施されており、グリルの下部には、KATANAのロゴを追加した。ボンネットやドアには、二輪車のカタナをモチーフにしたストライプを装着する。ドア部分には、二輪車のカタナにも配される「刀」の文字とイラストが添えられている。

◆スポーツサスペンション&エキゾーストを標準装備、スポーツシートにKATANAのロゴ入り

足回りには、スポーツサスペンションを装着する。これにより、車高は数cmダウンし、重心が引き下げられた。ストラットタワーバーも装着され、ボディ剛性を高める。専用のスポーツエキゾーストシステムも標準装備されており、さらにスポーティな排気サウンドを発するという。タイヤとホイールは17インチが標準だ。オプションで、軽量な18インチOZ製アルミホイールと、ミシュラン「パイロットスポーツ4」タイヤの組み合わせが選択できる。

インテリアは、レザー仕上げのスポーツシートやスポーツステアリングホイールを採用した。スポーツシートのサイド部分には、KATANAのロゴ入り。シートバックには、限定30台のうちの1台を示す番号が添えられる。この他、アダプティブクルーズコントロール、オートエアコン、ナビゲーションシステム、Appleの「Carplay」とグーグルの「Android Auto」対応オーディオなどが標準装備される。

◆1トンを切る軽量ボディに140psの1.4リットルターボ搭載

パワートレインは、直噴1.4リットル直列4気筒ガソリンターボの「K14C型ブースタージェット エンジン」だ。最大出力は140ps、最大トルクは23.5kgmを発生する。最大トルクは2500~3500rpmの領域で引き出される。スズキによると、2.2リットル自然吸気エンジン並みの力強さを発揮するという。また、点火制御とターボ過給圧制御を専用チューニングし、アクセル操作に対する反応を高め、幅広い回転域での鋭い加速を追求した。スズキの軽量プラットフォームの「HEARTECT」の効果で、車両重量は1トンを切る975kgに抑えられた。動力性能は0~100km/h加速が8.1秒、最高速が209km/hだ。

スイフトスポーツ・カタナは、オンラインのみで販売される。現地価格は、2万8999ユーロ(約357万円)と公表されている。

(レスポンス 森脇稔)

[提供元:レスポンス]レスポンス