ボッシュ、自動運転など先進運転支援部門の売上高が15%増に…2019年見通し

自動運転を含めた先進運転支援システム(ADAS)部門の2019年の売上高が、2018年の20億ユーロからおよそ15%伸びて23億ユーロ規模に達するとの見通しを発表したボッシュ取締役会フォルクマル・デナー会長
ボッシュ(Bosch)は5月9日、自動運転を含めた先進運転支援システム(ADAS)部門の2019年の売上高が、2018年の20億ユーロからおよそ15%伸びて、23億ユーロ規模に達するとの見通しを発表した。

ボッシュの研究開発における中心的なテーマのひとつが、自動運転だ。交通事故のないモビリティ実現に向けた事業の一環として、ボッシュは2つの開発路線を展開している。その1つが、部分的な自動運転(レベル2/レベル3)を可能にする先進運転支援システムだ。ボッシュはこの分野において、テクノロジー、市場シェアの両面でリーダーとしての地位を築いているという。

2つ目の開発路線となるのが、2020年代初めにスタートするドライバーレスの自動運転(レベル4/レベル5)だ。ボッシュは、ドライバーレスの自動運転が個々のモビリティを根本から変え、ロボットタクシーやシャトルベースのモビリティなど、常識を覆すビジネスモデルへとつながっていくと見込む。

ボッシュでは現在、2年前の約2倍のおよそ5000人のエンジニアが自動運転の開発に携わっている。ボッシュは、自動運転は技術的に複雑であり、今後は投資が焦点になると考え、2022年までに総額40億ユーロの投資を行うことを決めている。

ボッシュは2019年、レーダーセンサーの売上高が20%、ビデオセンサーの売上高が30%増加すると予測している。ボッシュ取締役会フォルクマル・デナー会長は、「自動運転は将来性のある分野という枠を超え、すでに現在の段階で、ボッシュにとっての成長分野になっている」と述べている。

(レスポンス 森脇稔)

[提供元:レスポンス]レスポンス