HERE OLP、初のローカライズ版を第2四半期末までに日本市場へ提供

HEREオープンロケーションプラットフォーム(WEBサイト)
オランダの地図および位置情報サービス提供会社 HEREは5月15日、日本向けにローカライズされた完全機能版の「HEREオープンロケーションプラットフォーム(OLP)」を2019年第2四半期末までに提供すると発表した。

HERE OLPは、さまざまな業界のソフトウェア開発者が世界規模で位置情報データとサービスを検索、構築、共有するための共通データソース。日本向けHERE OLPの提供により、クラウドプラットフォームのアプリケーションとサービスを国内展開できるほか、同じコードベースのHERE OLPを通じた地域外での容易な展開も可能になる。

HERE OLPは、地図の高付加価値化、イベント処理とデータの高付加価値化、分析、可視化、アーカイブに重点を置いたビッグデータの処理機能を提供する。既存システムへの統合も容易で、企業はパートナーとともにユーザのコストを削減また市場投入までの時間を短縮しながら、自社の本業に集中できる。

自動車業界では、これらの機能により、障害や事故、路面状況を含む実際の道路状況に関する高品質で正確なリアルタイム情報にアクセスすることで、交通の安全性を向上。また、輸送・物流業界では、リアルタイムの交通情報および追跡サービスを活用して、業務車両の再配備や経路計画の最適化が可能になる。

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

[提供元:レスポンス]レスポンス