PTVグループジャパン、MaaSの事業性を検証できるツールなどを紹介予定…人とくるまのテクノロジー2019

ミクロ交通シミュレーター「Vissim」のイメージ
PTV Planung Transport Verkehrの日本支社のPTVグループジャパンは、5月22日からパシフィコ横浜で開催される「人とくるまのテクノロジー展2019横浜」に出展すると発表した。

同社では、ミクロ交通シミュレーター「Vissim」と他のシミュレーターとの連携情報や活用例、MaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス)の事業性や導入を検証できる「MaaS Modeller」などを中心に紹介する。

Vissimは先進運転支援システム(ADAS)開発をバーチャル環境で検証できるミクロ交通シミュレーター。科学に基づいた行動モデルを用いて市街地や高速道路、ラウンドアバウトなど、さまざまな交通場面をリアルに再現可能。コネクティッドカーや自動運転車の交通への影響分析、MaaS事業の配車アルゴリズムの検証にも活用できる。

また、MaaS Modellerは、利用者のトリップ選好やサービス仕様を反映したMaaSビジネスモデルを作成し、将来の交通需要予測を考慮したビジネスモデルのパフォーマンス評価に活用できる。

(レスポンス レスポンス編集部)

[提供元:レスポンス]レスポンス