日産 プロパイロット2.0、ゼンリンの3D高精度地図データを採用

高速道路JCTの整備イメージ
ゼンリンの「3D高精度地図データ」が日産自動車の世界初 インテリジェント高速道路ルート走行(3D高精度地図データ搭載)「ProPILOT 2.0」に採用!

ゼンリンは5月17日、同社が整備・提供する「3D高精度地図データ」が、日産自動車の世界初 インテリジェント高速道路ルート走行(3D高精度地図データ搭載)「プロパイロット 2.0」に採用されたと発表した。

プロパイロット2.0では、ナビゲーションシステムで目的地を設定し、高速道路の本線に合流するとナビ連動ルート走行を開始。追い越しや分岐なども含めて高速道路出口までの走行を支援し、ドライバーが常に前方に注意して、状況に応じ直ちにハンドルを確実に操作できる状態にある限りにおいて、同一車線内でハンズオフが可能となる。

ゼンリンの3D高精度地図データは、電機・地図・測量会社と自動車メーカーの共同出資により設立した新会社ダイナミックマップ基盤の3次元地図共通基盤データをベースに、ゼンリンが独自に収集・整備した情報を加えた地図データ。この3D高精度地図データを車両に搭載されたその他センサー類と組み合わせて使用することで、車両の周囲360度の情報と道路上の正確な位置の把握が可能となる。

プロパイロット2.0では、ゼンリンの3D高精度地図データにより、高速道路の細かな道路形状を事前に把握でき、車両速度の制御やレーンごとの走行ルートの計画が可能となっている。

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

[提供元:レスポンス]レスポンス