スバル レヴォーグ、欧州仕様初の2.0リットルは自然吸気 7月発売へ

スバル・レヴォーグ(欧州仕様)
SUBARU(スバル)の欧州部門は、7月1日に『レヴォーグ』(Subaru Levorg)の2.0リットル車を欧州で発売すると発表した。

レヴォーグは2013年11月、東京モーターショーにおいてワールドプレミアされた。発売当初は日本国内専用車だったが、2015年に欧州市場に投入された。

欧州仕様のレヴォーグは、これまで直噴1.6リットル水平対向4気筒ガソリンターボエンジンのみの設定だ。最大出力は170psを引き出す。日本仕様に用意される直噴2.0リットル水平対向4気筒ガソリンターボエンジン(最大出力300ps)搭載車は、販売されていない。

SUBARUの欧州部門は、7月1日にレヴォーグの2.0リットル車を欧州で発売すると発表した。この2.0リットルは日本仕様のターボではなく、自然吸気となるのが特長だ。最大出力は150psを獲得している。

なお、この2.0リットルは自然吸気エンジンのため、ボンネットがエアスクープのないデザインとなる。

(レスポンス 森脇稔)

[提供元:レスポンス]レスポンス