市光工業、自動運転時代のライティングや新構造ドアミラーを出展へ…人とくるまのテクノロジー2019

「コミュニケーション ライティング」の実物大モックアップ
市光工業は、5月22~24日にパシフィコ横浜で開催される「人とくるまのテクノロジー展2019」において、自動運転時代のニーズに応えるライティングや新構造ドアミラーの最新技術を出展する。

同社は今回、自動運転時に車両がドライバーの代わりとなり、光で意思を表現するLED約400個を使用した「コミュニケーション ライティング」の実物大モックアップを展示する。自動運転時においては、ドライバーのアイコンタクトやジェスチャーといった意思伝達は存在しないため、コミュニケーション ライティングが自動運転中のドライバーに代わって、車両の動き(意思)を周囲のドライバーや歩行者等に光やサインで伝え、自動運転車両の周囲の人たちの不安を解消する。

また、車両を取り囲むように設置されたコミュニケーションランプは、様々な危険な状況を周囲に注意喚起することで、安全性が向上する。近い将来訪れる自動運転社会を見据えたライティングの新たなHMI(ヒューマン マシン インターフェイス)としての役割について独自のコンセプト提案となる。

さらに、欧州・北米などで準備中のADS(オートメイテッド ドライビング システム)ライティングの規格に合わせて、展示品の自動運転中を示す点灯色には、ブルーグリーンを採用。今回、実物大モックアップの展示を行うことにより、実際どのように見えるかを来場者に体感してもらう。

このほかに、今後の自動運転化を見据えた「センサー内蔵ヘッドランプ」を展示する。測距・障害物検知に電波を利用するレーダーセンサーのヘッドランプユニット内への搭載は、前側方から接近する対向車の検出に有効で、交差時の安全が向上する。また、ヘッドランプユニット内は、レンズで覆われた密閉空間なので、レーダー、カメラなどのセンサーが雨滴、雪、埃から守られた状態で、性能を発揮できる。さらに、従来から備わる光軸調整機構と兼用することで、センサーの向きを最適に保持することが可能。意匠面ではセンサーをランプに内蔵することで、車両外観デザインへの影響がなくなる。加えて、ヘッドランプとセンサーのモジュール化により、車両ハーネスの取り回しの簡素化ならびに車両組立工程の簡略化にも寄与する。

「新構造ドアミラー」は、従来のドアミラーでは鏡面作動と電動格納のために必要だった2つのアクチュエーターを1つに統合したもの。従来は、ミラー頭部に鏡面作動させるためのアクチュエーターを内蔵する必要があり、ミラー頭部の小型化が困難だったが、今回のコンセプトは電動格納アクチュエーターと統合することで小型化し、意匠性と空力性能の向上が可能になる。また、従来製品より可動速度の速いアクチュエーターを採用することで、例えば進路変更時の死角低減や降車時における後方からのすり抜け車両の発見などに寄与する。

また、「カメラモニタリングシステム専用電動格納アクチュエーター」は、CMS(カメラモニターシステム)クラス3用の薄型電動格納アクチュエーター。こちらは、アクチュエーターの上下方向を薄型にすることにより、デザインの自由度を上げ、サイドターンやアラウンドビューモニタカメラといった他の機能を搭載しやすくなる。

アフターマーケット向けの製品としては、「3Dサラウンドマルチビュー」を展示する。約100万画素の高解像度カメラ4つで捉えた映像を、三次元モデル上でリアルタイムに合成し、高画質な全周囲立体映像をモニターに表示。また、ウインカーおよびバックギアと連動し、右左折時や駐車時にビューを自動で切り替えて安全運転をサポートする。さらに、約190度の広角カメラを使用し、見通しの悪い交差点でのフロントビューで視界を確保する。本製品は、汎用のカメラロングケーブルに対応し、中型・大型トラック、トレーラー、特殊車両や建機にも取付可能。また、Digital・HDTVIの2種類の出力とすることにより、全ての市光製モニターへの接続に対応する。

「8インチHDモニター&小型HDカメラ」は、モニターを従来の7インチから8インチに拡大し、カメラは30万画素から123万画素へ機能アップ。123万画素とすることで映像はより鮮明になり、夜間やトンネル内などの視認性を向上させている。

(レスポンス 丹羽圭@DAYS)

[提供元:レスポンス]レスポンス