電動車を中心としたライフスタイルを提案する三菱自動車…人とくるまのテクノロジー2019

三菱自動車(人とくるまのテクノロジー2019)
電動車のパイオニアであり、今も精力的に取り組んでいる三菱自動車は、人とくるまのテクノロジー展2019に2019年モデルの『アウトランダーPHEV』に加えて、電動車のあるライフスタイルを提案する「電動DRIVE HOUSE」を展示した。

2019年モデルのアウトランダーPHEVは、従来モデルに比べてバッテリー容量を15%アップ、EV走行時の航続距離60.8kmから65.0km(JC08モード)に延長することに成功。車体剛性のアップやショックアブソーバーやステアリグギヤの改良、車両運動統合制御システム「S-AWC(Super All Wheel Control)」の性能などがおこなわれている。三菱ブースではこのアウトランダーPHEVをシャシーモデル展示やパネル解説によって強調して展示した。

さらに今回の展示のメインとなるのが、「電動DRIVE HOUSE」。今回の人とくるまのテクノロジー展の開催テーマは「新たな自動車技術が支える地域創生」。そのテーマに合わせた展示が「電動DRIVE HOUSE」。「電動DRIVE HOUSE」は、電動車の購入と合わせてヴィークル・トゥ・ホーム(V2H)を中心とした家庭用システム。

「電動DRIVE HOUSE」には太陽光発電機器やV2H 機器などで構成するシステムをワンパッケージ化されているのが大きな特徴。電動車を中心としたライフスタイルを提案するもので、設置工事やアフターメンテナンスなどまで一括して提案、案内するものとなっている。「電動DRIVE HOUSE」を利用することで、電気代や燃料代が節約できるほか、災害時などの緊急時の非常用電源としての利便性、環境への配慮などを紹介。電動車を中心とした新しいエネルギーサイクルを提案する展示となっていた。

(レスポンス 諸星陽一)

[提供元:レスポンス]レスポンス