カルソニックカンセイは新ブランド「マレリ」とキャビン空間をアピール…人とくるまのテクノロジー2019

カルソニックカンセイ(人とくるまのテクノロジー2019)
世界に向けて最新技術や製品を発信する「人とくるまのテクノロジー展」に、先日統合を発表したばかりの、カルソニックカンセイとマニエッティ・マレリが世界共通のブランドとして採用した「マレリ」がブースを出展。イタリアと日本を拠点とする 2つの自動車関連サプライヤーの統合を強くアピールする形となった。

ブースには、カルソニックカンセイとして、「キャビンイノベーション」と「エネルギーマネジメント」。マニエッティ・マレリとして、「ライティングとメーター類」、「排気、パワートレイン」を展示している。

その中でも注目すべきは、ブースの真ん中に堂々と配置された「Human-Max Cabin」で、カルソニックカンセイがその持てる技術を集結させた空間、「Human-Max シリーズ」の4代目だ。

これまで、1代目コクピット、2代目リアル、3代目ヴィジョンと発表してきた同社が、このキャビンに込めた想いは、クルマのキャビンインテリア全体の価値を産み出す事。現在コクピット部分のみでビジネスを展開している同社が、後席やシート、ドアトリムなどを含め、キャビン全体の価値を創出したいという想いがこめられている。

また、サブコンセプトを「Cabin of my own」とし、自動運転やカーシェアリングなど、世の中のクルマの環境やサービスが変わっていくなかで、クルマのキャビンはどうあるべきかと考えた時に、シェアリングなどは、タクシーだったり公共交通だったりと、いろいろなユーザーが乗る事を考慮した共通デザインを採用されることが多い現状に対し、クルマというのは人にとってかけがえのない時間を過ごす場所で、自分の家のリビング空間と同様にすごく大事な空間だと考え、もっと自分の趣味にしっくりくるものにのりたいはずだという考え方を持ってデザインを提案。

カーシェアリングであっても自分専用の空間でありたいと考えるユーザーは少なくはないと思うが、レンタカービジネスとなってもいくつかの選択肢が選べるようなクルマのキャビンの空間を時間借りするという考え方を含めた世界観が、そこには表現されていた。

(レスポンス 先川知香)

[提供元:レスポンス]レスポンス