NTN、等速ジョイントをインドネシア現地企業と合弁生産

NTNとIPGの調印式(左からIGPのBudi Pranadi副社長、Kusharijono社長、NTNの井上博徳副社長)
NTNは5月24日、インドネシアの自動車市場で需要が拡大するFF車に向けて等速ジョイントの供給体制を拡大するため、アストラグループのInti Ganda Perdana(IGP)とジャワ島西部・カラワン地区に、等速ジョイントを製造する合弁工場を新設することで合意したと発表した。

合弁会社「アストラNTNドライブシャフトインドネシア」を新設する。資本金は1200億ルピアで、IGPが51%、NTNが49%出資する。

インドネシアでは環境規制強化を背景に、車軸懸架(リジッドアクスル)方式のFR車から、FF車へのシフトが加速している。これに伴ってFF車に必要不可欠な駆動部品である等速ジョイントの需要拡大が見込まれている。

今回、IGPとインドネシア市場における現地生産の必要性と、販売・シェア拡大という目的が一致し、等速ジョイントを合弁生産することで合意した。

2020年8月の量産開始を目指して工場の建設を進める。NTNにとってインドネシアでの現地生産は初めてで、顧客対応の迅速化と納入リードタイムの短縮を図り、インドネシア自動車市場におけるプレゼンス向上と、等速ジョイントシェア確保を目指した事業展開を進める。

(レスポンス レスポンス編集部)

[提供元:レスポンス]レスポンス