アウディ A4/A4アバント、装備充実も価格を抑えた「傑作」仕様発売へ

アウディ A4/A4アバント マイスターシュトュック
アウディ ジャパンは、主力モデル『A4』に、エクステリアデザインや機能面を充実させた特別仕様車「Meisterstueck(マイスターシュトュック)」を設定し、6月11日より販売を開始する。

2016年のフルモデルチェンジで5世代目となったA4は、モジュラープラットフォーム「MLB evo」を背景とした高いダイナミック性能や予防安全システム、高いデジタリゼーション、コネクティビティなどにより高い評価を得てきた。加えて1月16日の小変更により、主力グレード「スポーツ」を新しいエクステリアデザインとするなど、さらにスポーティな魅力を増した。

今回そのスポーツグレードに、ドイツ語で「傑作」を意味する「Meisterstueck(マイスターシュトュック)」を設定。LEDヘッドライトや18インチホイール(8J×18インチ:245/40R18)等を追加しつつ価格を抑えた特別仕様車だ。

「A4 35 TFSI」はLEDヘッドライトを特別装備して、価格は499万9000円。「A4アバント 35 TFSI」はLEDリヤコンビネーションライト、アンビエントライティング、5ツインスポーク スターデザイン18インチアルミ、3ゾーンエアコン、助手席電動シートを装備して528万9000円。「A4 40 TFSI」はLEDヘッドライトを装備して578万円、「A4アバント 40 TFSI」はアンビエントライティングを装備して607万円。「A4 45 TFSI クワトロ」はLEDリヤコンビネーションライトを装備して646万円、「A4アバント45 TFSIクワトロ」は5ツインスポーク スターデザイン18インチアルミ、パーシャルレザーインテリアを備えて675万円。

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

[提供元:レスポンス]レスポンス