シトロエン C5エアクロス SUV に3D仮想試乗、雪道や砂の上も走行可能…欧州で開始

シトロエンC5エアクロスSUVに3Dでバーチャル試乗できる「プレイグラウンド」
シトロエンは5月27日、『C5エアクロスSUV』(Citroen C5 Aircross SUV)を仮想体験できるプログラムを欧州で開始した、と発表した。

C5エアクロスSUVは5月28日、日本市場にも導入されたばかり。欧州では2019年1月に発売された。新開発ハイドロサスペンションにより、「魔法の絨毯」のような乗り心地を追求したCセグメントSUVだ。

シトロエンは、このC5エアクロスSUVを仮想体験できるプログラムを欧州で開始した。スマートフォン、タブレット端末、パソコンで、C5エアクロスSUVに3Dでバーチャル試乗できる「プレイグラウンド」(Playground)を開発している。

プレイグラウンドでは、ユーザーは欧州のあらゆる場所で、C5エアクロスSUVにバーチャル試乗することが可能だ。選択したグリップ制御モードに応じて、景色が変わる。例えば、「スノー」を選択すると道路は雪で覆われ、「サンド」を選ぶと砂やヤシの木がルート上に現れる。

なお、C5エアクロスSUVにバーチャル試乗した後、実車に試乗したくなった場合、最寄りのシトロエンディーラーにつながるシステムを採用している。

(レスポンス 森脇稔)

[提供元:レスポンス]レスポンス