ランボルギーニ ウルス に迫る…BMW X6M 新型、最終デザイン見えた

BMW X6M スクープ写真
BMW『X6M』新型プロトタイプが、これまでで最も軽いカモフラージュ姿で出現した。

ニュルブルクリンク北コースで捉えた最新のプロトタイプは、フロントエンドにリップスポイラーを装着。大型のハニカムメッシュ・エアインテークの形状が確認できるほか、ワイドなキドニーグリルの右側には、「X6M」のバッジを隠す小さな黒いバネルも見てとれる。

足元には、19インチホイールにミシュラン・パイロットスポーツ4を装着し、クロスドリル・ローターを備えるブルーブレーキキャリパーも確認できる。

コックピットには、『X5』新型と共通する12.3インチのデジタルクラスタやインフォテインメントシステムを装備するほか、レザーステッチMステアリングホイール、カーボンファイバートリム、コントラストステッチのついたMブランドシフターなどを装備しスポーティに仕上げられている。

心臓部には、4.4リットルV型8気筒ツインターボ「S63」エンジンを搭載し、最高出力625ps、最大トルク750Nmを発揮する。これはライバルメルセデスAMG『GLE63クーペ』の585psを超えるとともに、ランボルギーニのSUV『ウルス』が誇る650psに迫るものだ。

『X6』新型のデビューは2019年内と見られており、X6Mは2020年以降となるだろう。



(レスポンス Spyder7編集部)

[提供元:レスポンス]レスポンス