ベントレー フライングスパー 新型、6月発表が決定

ベントレー・フライングスパー 新型の開発プロトタイプ
ベントレーは5月29日、新型『フライングスパー』(Bentley Flying Spur)を6月11日に初公開すると発表した。

現行フライングスパーは2013年春、スイスで開催されたジュネーブモーターショー2013においてワールドプレミアされた。先代の『コンチネンタル・フライングスパー』の後継モデルにあたる。

このフライングスパーが、およそ6年ぶりにモデルチェンジを行い、6月11日に新型が初公開される予定だ。新型は4WDが特長。通常の路面状況では後輪のみを駆動し、スリップが検出された場合、システムはすぐに前輪にも駆動力を配分し、アクティブな4WDになる。

また、新型には、「ベントレー・ダイナミック・ライド」を採用し、ハンドリングと乗り心地をさらに向上させる。 ベントレー・ダイナミック・ライドは、要求に応じてサスペンションの剛性を変化させ、コーナリングフォースを防ぎ、乗員を不快にするボディロールを最小限に抑える。

さらに新型は、クルージングスピードでの安定性と市街地での敏捷性を両立する「オール・ホイール・ステアリング」を備えた最初のベントレーになる。高速走行中、後輪を前輪と同じ方向に操舵し、追い越しや車線変更時の安定性を引き上げるという。

なおベントレーは、新型の開発プロトタイプのイメージを2点公開している。

(レスポンス 森脇稔)

[提供元:レスポンス]レスポンス