【スーパー耐久 富士24時間】レースがスタート、各クラス接戦の展開に

2019スーパー耐久第3戦 富士24時間
2019年のピレリ スーパー耐久シリーズ第3戦「SUPER TEC富士24時間レース」の決勝がスタート。各クラスとも接戦のバトルが繰り広げられている。

今年も晴天に恵まれた富士スピードウェイに全8クラス48台のマシンが集結。15時00分にスタートが切られた。最高峰クラスのST-XはポールポジションのNo. 300 TAIROKU RACING GT-R GT3が順調に後続との差を広げ、1回目のピットストップを迎えたが、ここでピット作業違反があったとして60秒ストップのペナルティを受けることに。さらに他のクラスのマシンと接触しスピンするなどタイムロスが多く、一時はトップから2周近く遅れた。

代わりにトップに立ったのはNo. 1 GTNET GT3 GT-R。順調に周回を重ねていたが、開始から4時間のピットストップの時にホイールナットが転がって行くハプニングが発生。これにより、タイムロスを喫した。

さらにフルコースイエローなどのタイミングで300号車がうまく差を縮め、開始から6時間30分のところで逆転しトップに浮上した。しかし、1号車もしっかり食らいつき、ナイトセッションに入っても白熱した接近戦が繰り広げられている。

この他、7時間を経過してST-Zクラスは#3 ENDLESS AMG GT4、ST-TCRクラスは#10 IDI GOLF GTI TCR、ST-1クラスは#47 D’station Porsche、#ST-2クラスは#6 新菱オート☆DIXEL エボX、ST-3クラスは#34 TECHNO FIRST RC350、ST-4クラス#86 TOM’S SPIRIT 86、ST-5クラスは#69 J’s RACING☆FITがトップを走行している。

(レスポンス 吉田 知弘)

[提供元:レスポンス]レスポンス