ポルシェジャパン、新トレーニングセンター稼動開始 電動化に対応可能な人材育成

ポルシェジャパンの新トレーニングセンター
ポルシェジャパンは6月3日、車両の電動化を筆頭とした新時代のテクノロジーに対応可能な人材育成を目的とした、新トレーニングセンター(横浜市港北区)の稼動を開始したと発表した。

ポルシェ本社では、『911』をはじめとしたスポーツカービジネスに加え、ポルシェ初のフル電動スポーツカー『タイカン』とその派生モデル、および現行モデルレンジのハイブリッド化とフル電動化、そして充電インフラとスマートモビリティ開発を含むE-モビリティ全般に対し、大きな投資を行っている。ポルシェ ジャパンでも加速するE-モビリティや、コネクティビティなどのデジタル化に対応できる人材育成のための投資として、新たにトレーニングセンター開設を決定。新横浜駅近くのポルシェ ジャパン トレーニングセンターを大幅に拡張する形で、2018年5月より建設を進めていた。

新トレーニングセンターは、延床面積は現行の470平米から1920平米に、トレーニングルームは5室から9室へ拡大し、4基のリフトとフラットベイ2つを備える。同センターにて、2020年に日本導入を予定しているタイカンをはじめとする電動モデル、そしてポルシェコネクトを始めとするコネクティビティなどのデジタル化に対応できる人材を育成。ポルシェジャパンでは新トレーニングセンターにおけるトレーニングプログラムを最適化することで、最高品質のアフターサービスの提供を目指す。

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

[提供元:レスポンス]レスポンス