KDDIとナビタイムジャパン、MaaS領域で連携

KDDIとナビタイムジャパンがMaaS領域で提携し、共同で取り組む領域のイメージ
KDDIとナビタイムジャパンは6月5日、両社の保有する通信・交通ビックデータ、経路探索エンジン、IoT・AIを活用し、共同でMaaS(Mobility as a Service)領域の取り組みを推進していくことに合意した。

両社はこれにより、都市部における慢性的な交通混雑の解消、過疎地域での生活路線の確保、訪日外国人の増加に伴うオーバーツーリズムなどの社会課題の解決を支援し、交通事業者や自治体とともに交通のデジタルトランスフォーメーションを推進する。

具体的には今後、MaaSの実現に必要となる基本機能(検索、予約、配車、決済、アプリ)を共同で開発し、交通事業者や自治体によるMaaS領域の立ち上げを支援。また、両社のユーザー接点を最大活用したプロモーション支援や、ビジネス開発拠点である「KDDI DIGITAL GATE」を活用した、5G時代を見据えたMaaSビジネスの持続的な収益化を支援する。

さらに、交通混雑・渋滞やオーバーツーリズムなど社会課題の解決に向け、両社が保有する通信や交通ビッグデータの共同解析、効果検証による新たなビジネス開発を支援。大都市から過疎地、あるいは観光・インバウンドなど、地域の課題や特性に応じた実証実験も支援していく。

(レスポンス 丹羽圭@DAYS)

[提供元:レスポンス]レスポンス