BMW、最新デジタル工場を開所…3シリーズ 新型を世界市場に出荷へ

新型3シリーズセダンとBMWグループのメキシコ新工場
BMWグループ(BMW Group)は6月6日、メキシコ新工場を開所した。新型『3シリーズセダン』をグローバル市場に向けて出荷する。

BMWグループが工場を建設したのは、メキシコ中部のサン・ルイス・ポトシ州だ。10億ドル以上を投じて、新工場は建設された。年産能力はおよそ17万5000台を想定しており、約2500名を雇用する。

すでにBMWグループは北米において、米国サウスカロライナ州のスパータンバーグ工場でSUVの『X5』などを生産している。メキシコに工場はBMWにとって、北米における2番目の生産拠点となる。

生産車種は、BMWブランドの主力モデル、『3シリーズセダン』の新型だ。これに伴い、先代3シリーズセダンを組み立てていた南アフリカ工場では、新型『X3』の生産を行う体制へと再編される。

メキシコ新工場は、BMWグループの最新デジタル工場だ。従業員はタブレット端末やスマートフォンなどのデバイスを使用する。BMWグループは、将来の生産モデルの追加や生産量の変更に、迅速かつ柔軟に対応できる、としている。

(レスポンス 森脇稔)

[提供元:レスポンス]レスポンス